NYダウ平均先物
グローベックスのNYダウ先物
ダウのチャート
リアルタイムチャート
ナスダック指数
日経平均225のチャート
日経平均チャート
世界株価指数リアルタイム
主要銘柄の動向
日本株ADRの一覧
為替相場の推移
ベータ値(β値)
ローソク足のパターン
ダウ理論とエリオット理論
リアルタイムチャートの研究
チャートのパターン分析
ボリンジャーバンド
ローソク足の推移
騰落レシオの時系列チャート
乖離率
売り禁と株価
ダウ理論のトレンド
MT4
日足のパラボリック

 メタトレーダーでBBands_Stopとエンベロープを組み合わせる

 ModiSimpleとBBands_Stopの組み合わせ

ModiSimpleは、RSIやMACDといった人気のある主要なテクニカル指標から相場の趨勢を判断するインディケーターです。 通常、インジケーターは信頼出来るものを複数組み合わせたり、設定を変更してダマシが少なくなるように調整します。 しかしこのインジケーターはこれだけで複数のシグナルを参考にしていることになり、意外とサヤ取りに使えるという情報があります。 NYダウ先物のリアルタイムチャートでもModiSimpleやBBands_Stopによる解析が有効です。
ニューヨークダウ先物との連動性が低い株
テクニカル指標の種類と組み合わせ
MT4のローソク足
MT4のインジケーター
オシレーター系指標の代表格であるRCI
BBands_Stopとエンベロープ
チャートのペナント
26週移動平均線の乖離率
パラボリックSARとRSIの使い方
ダウ理論におけるトレンドとは


 BBands_Stop

BBands_Stopはボリンジャーバンド(Bollinger bands)のバンド上限と下限を示してくれるテクニカル分析です。 標準偏差が高まる局面は、株価が暴騰するか暴落することでボラティリティーが拡大するという時期です。 そして意外と使えるシグナル線が中心線です。

中心線も標準偏差により変動性があり、この傾きによって株価先物のトレンドを把握するという手法があります。 移動平均線の傾きよりもボラティリティーに応じて株価変動により適したシグナルが出るようになっています。
Nikkei225のチャートのパターン
NYダウ先物の出来高推移
VIX指数からNYダウ先物の変動性を予想
株安の理由と影響について
CMEのNikkei225を予想
日経平均のチャート分析
リアルタイムチャートの罫線分析ツール
先物の売り崩し
NYダウ工業株30種先物のローソク足
最新のテクニカル分析



 エンベロープによる逆張り

NYダウ先物やグローベックスのリアルタイムチャートで参考になるエンベロープは、設定を変更して相場の急変動時にシグナルが出るようにすれば逆張りでさらに有効になります。 エンベロープはトレンド相場でも使えますが、ボリンジャーバンドのバンドに沿って株価が動く現象「バンドウォーク」では使いづらいです。

株価の変動率が高まっているときにサヤ取りするときには、より投資家心理を素早く察知しなければなりません。 まとまった売り玉が上値に置かれた場合、成行でどんどん指値が買われていくという状況は板情報や歩み値を確認しなければ分かりません。
長期のダウチャートの見方
日経平均の推移を予想
シカゴ先物のNikkei225
CMEグローベックスのテクニカル指標
株価先物の投資手法
日経先物の株価について
ダウ平均株価のトレンドフォロー
テクニカル分析のダイバージェンス
RSIのダイバージェンス
MACDの逆行現象


 ZigZagとフィボナッチ級数

メタトレーダーのリアルタイムチャートで人気のあるインジケーター「ジグザグ」と、自然界に広く分布しているフィボナッチ級数を組み合わせたインディケーターがあります。 ZigZag_Fibo_v2betaは、チャートのテクニカル分析指標であるZigZagとフィボナッチを合わせたオリジナルのインディケーターです。

ZigZagは高値からトレンドが転換して下がり始めるとシグナルが安値に移動してトレンドの転換を知らせてくれます。 この売買サインとフィボナッチ級数のラインにより、戻り高値や下落幅を予想できます。
ナスダック先物とグローベックス
時系列のナスダック指数チャート
円建てCMEシカゴの日経先物
CME先物の種類
ダウ工業株30種の採用銘柄
時系列のナスダック株価とS&P500を比較
一目均衡表の雲のねじれ
一目均衡表の見方と変化日
日経平均の一目均衡表の転換線
世界株価指数と日経225の比較